交通事故に遭われたら

 

かげ〇接骨院では交通事故治療(自賠責保険)が可能です。
交通事故に遭われてお困りの方は、どうぞお気軽にご相談くださいね。


筑後市で交通事故治療が可能なかげ〇接骨院では、問題となる後遺症を残さないための必要な施術を行っています。


これは病院などの医療機関とは違う視点からのアプローチとなります。
病院との併用通院もOKとなります。
現状としては診療を病院、整形外科で行い、治療を整骨院で行う方が多いです。


自動車は一家に一台から1人に1台の現代において交通事故にあう確率は格段に上がってるのが現状です。


もし、交通事故にあった場合、大きな問題として出てくるのが

・車のこと
・乗車していた方の体のこと
・修理、治療の補償のこと
・相手との話し合い
・相手保険会社との話し合い

になるのではないでしょうか。

まず、交通事故に遭われたら、、

①警察(110番)へ届ける

加害者からの報告は義務となります。
当事者同士の口約束、尚早な示談はやめましょう。


被害側の場合、後々に体の異常が出てくることはよくあることです。

すでに、けが、痛みがある場合は警察にその旨を伝え「人身事故扱い」にしてください。

 

②相手の確認

確認事項として以下が必要です。
・氏名
・住所
・連絡先
・保険会社(自賠責保険)
・車両ナンバー
・目撃者がいれば確保しておく
・通行人などの証言(メモ、または録音)

 

③保険会社に連絡

下記事項を連絡しましょう。
・事故の日時、場所
・相手の情報(②の項目)
・事故の状況
・届け出した警察署
・相手の保険会社

 

④医師の診断

早めに対応しましょう。
たとえ、軽症であったとしても、事故の瞬間に必ず防御作用が働き、体を無理に固めていることがあります。


外部からの力によるケガと、それから守るために働いたことによる痛みが後から出てくる場合があります。
保険会社に必ず交通事故の治療を受けたい旨を伝えてください。


まずは、必ず医師の診断が必要なため、病院、整形外科を受診しましょう。

交通事故の治療を行う専門医療機関(整骨院・接骨院、病院、整形外科など)を決める

当院でも交通事故治療に対する施術は行っております。医師の診断によっては整骨院への通院許可が下りないこともあります。


しかし、基本的には治療を行う機関お決めるのは自分です。しっかり通いたい期間を伝えてください。

交通事故でお悩みの時は、、、

大事されていたであろう方からすれば愛車に傷がつくことも、とても悲しいことです。


加えて、体の問題となると状態によっては長期間付き合うことになることもしばしばとなってしまいます。


どんなに軽い事故だったとしても、体は追突の瞬間、極度の防御作用が働きます。

その作用が後の痛みと関連してきます。


以前、私の親族で交通事故にあった際は、3か所の骨折をするひどい事故でしたので、長期的な視点で見たときにどんな問題が出てくるか、予想ができました。


なので、そのあたりも考慮したうえで相手の保険会社さんとやりとりを行いました。


話としてはだいぶん以前に交渉成立となりましたが、やはりその際の事故の影響か、考慮していた問題が数年後に出てきたのは事実です。

 

事故を報じるニュースでよく聞く
「なお、軽症でした。」
「命に別状はありませんでした。」
などの言葉を耳にするたびに、体はそんな言葉以上に負担を強いられていること、本人にとっては痛みや日常の生活に制限がかかる事がイメージできます。


それを考えると決して

「良かった良かった」
とは思えないわけです。


当院での交通事故診療は巷の院と同じく負担は0円です。

体へのアプローチは瞬間的に起きたひずみの修正を痛みを伴わないなかでやっていきます。


特に首は事故の瞬間に振られていることがほとんどですので、後々に問題が出てくるケースが多いです。
そのあたりのアプローチも得意としています。


どうぞ費用面、体の面、心配なさらずに診療を受けてくださいね。

まずは遠慮なくご相談くださいね。

関連記事

  1. 【要チェック】交通事故後の対応について

  2. 【偏頭痛解消】子どもから大人まで、悩みの多い痛み、、その原因…

  3. 自粛、在宅期間の多かったここ数年の影響で発症しやすい後頭神経…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


 

  1. 年末年始の残った疲れを早く解消するには!?

  2. 足裏の痛み(足底腱〔筋〕膜炎)の原因と長引く理由とは!?…

  3. 交通事故に遭われたら

  4. 新しい環境での体調不良の4つの原因と対策とは?

  5. 【最新】合わないマッサージなのに深みにはまってしまう人の…

  6. 喉にまとわりつく痰にお困りだった久留米市在住の高齢者の症…

  7. 自粛、在宅期間の多かったここ数年の影響で発症しやすい後頭…

  8. 秋の入り口は急性腰痛の頻発時期。その対策は?

  9. 久留米市に在住の顎関節、頭痛でお悩みの方の、その理由とは…

  10. 親指の曲げ伸ばしが不便だった久留米市在住の方の症例とセル…