あっ、その腰の痛み!!もしかすると原因が違うかもしれません!

まずはこちらをご覧ください。

50代女性/ぎっくり腰
・当日

・翌朝

あなたはこのような「腰痛の症状」でお困りではありませんか?

定期的にぎっくり腰に襲われている。
せっかくの休日、腰の痛みで閉じこもり気味になっている。
猫背のために老けのレッテル貼られている。
お子さんから家事のたびに顔をしかめるお母さんをみたくない、と思われている。
整形外科
、マッサージなどに2か月以上通っているが改善がみられず気持ちが暗くなっている。
気休めとわかっているが痛みのたびに痛み止めを飲んでいる。
産後からの腰痛で、育児に支障をきたしそうになっている。
カチカチとパソコン操作の期間、時間が長い方。
呼吸が浅くなっている方
        1つでも当てはまる方は、このまま読み続けてください。

なぜ、「腰痛」がおきるの?

腰の痛みは、非常にいくつもの問題が絡んでいることがあります。長期になればなるほど、その原因は根深く、複雑化しています。

大きく3つに分けると
①機能的な問題
関節や筋肉の協調性を失うことで機能的な問題として痛みが生まれます。
他の場所に原因があって、表面的な痛みとしてあらわれやすいのがこのケースです。
姿勢についてもここに含みます。

②構造的な問題
単純に骨、筋肉などそのものに変形などの問題が生じ痛みとして出るケースです。
これが原因で慢性炎症が起きて痛みとして出るケースもよくあります。
内臓についてもここに含めます。

③心理的な問題
ストレスなどの作用が、腰の痛みとして出ることも最近の研究ではわかっています。
とはいえ、ストレスと腰痛発症の間には、幾つかの生理的過程が隠れていますので、そこにアプローチすることが改善の肝になっていきます。

上記①~③に強く関連するのは脳神経系になります。
私たちの身体は脳神経系で生かされているといっても過言ではありません。脳からの身体へ、身体から脳へのが伝達が神経を通り動作をはじめとする活動を行うことが出来ます。
そのため、神経系の働きはとても重要です。神経系の機能低下は無意識のうちに姿勢、内臓機能低下、特定筋肉の機能低下などは腰痛の原因となりうるのです。

 

腰痛改善のポイントは?

特に腰の部分は身体の中心部分です。いくつもの要因が考えられます。
同じ腰痛でも十人いれば十通りの原因が存在します。
その中でも、
ポイントは”反射”です。

 

なぜ、反射を利用することで腰痛が改善するのか?

体のズレなどは顕在的に見て判断する部分と潜在的に隠れている部分の2つに分かれます。
顕在的な部分は、視覚的におよそ判断がつくもの。しかし、腰痛の場合、そう単純ではありません。
視覚的に容易に判断できるズレでも、脳神経系の部分から判断すると全く逆のズレを呈していることも多々あります。そこで用いるのが体の反射です。
ある検査により身体が正直に問題の状態を教えてくれるので潜在的な部分(問題個所)が浮き彫りになっていきます。あとは、そこで明らかとなった箇所を正しい方向に調整する、動きをつけていくことで改善がみられます。

 

腰痛改善!おすすめの声

慢性腰痛後のぎっくり腰(20代・男性)
腰痛も治ったし!

◆氏名
井上様

◆年齢
23歳

◆お住まい
筑後市

◆来院される前、どんなことで悩まれていましたか?
腰痛(ぎっくり腰)

◆どこで当院を知りましたか?
父から

◆当院を知ってすぐに連絡しましたか?
すぐに連絡した。

◆何が決めてとなって当院を選びましたか?
父の知り合いだった為

◆実際、当院に来られてみていかがですか?
腰痛も治ったし、腰痛を防ぐ方法も教えてもらえたので
とても良かった。

 

スポーツ選手のぎっくり背中・腰(10代・女子)
はやく良くなってよかったです!

◆氏名
彩花様

◆年齢
15歳

◆お住まい
久留米市

◆お越しいただいた際の悩み
ぎっくり腰

◆御意見
いきなりぎっくりごしになって背中を曲げるのも
辛くなっていたけど、マッサージなどしてくださった後は、
こしの痛みもほとんどなくなり、軽くなりました。
ほんとに楽になれて良かったです。
ありがとうございました。